インドでリップル(XRP)を購入する方法

多くの国では、XRPやその他の暗号通貨へのINRを購入するのは簡単ではない場合があります。この記事では、インドでリップルを購入する方法を説明します。リップルは現在、市場で3番目に大きい暗号通貨であり、いくつかの投資家の注目を集めています. 

インドはまた、地球上で最も強力な国の1つです。それにもかかわらず、インド政府は暗号市場の拡大を困難にしています。これが、インドでリップルを購入する方法をお知らせすることに焦点を当てる理由です。.

リップルとは?

リップルコイン

インドでリップルを購入する方法を説明する前に、リップル(XRP)が何であるかを知ることが重要です。リップルは仮想通貨であるだけでなく、支払いネットワークでもあります。これにより、銀行や金融機関はわずか数セントで国境を越えて資金を送ることができます.

XRPデジタル資産を使用することにより、個人はトランザクション時間をさらに短縮することができます。実際、法定通貨を使用する代わりに、XRPを流動性源として使用することが可能です。多くのフィアット回廊は十分な流動性を持っていません。これはリップルが付加価値を与え、大きな問題を解決できる場所です.

インドでリップルを購入する方法

暗号通貨XRP / INR市場が再び前進しているため、この暗号を購入することは重要な問題になっています。時間が経つにつれて、リップルは国境を越えた転送を行うために使用される最も重要な資産の1つになる可能性があります.

今、私たちはあなたと共有します、それはインドでリップルを購入するための最良の方法のいくつかです。一般に、リップルを取得する最も簡単な方法は、ローカル暗号交換を使用することです。しかし、国の暗号通貨取引所は地元の規制によって深刻な影響を受けています. 

実際、BTCXIndiaやCoindeltaなどの多くの取引所は、業務を停止する必要がありました。これらの取引所を使用してリップルを購入することはできましたが、現在は稼働していません.

インドでリップルを購入する方法には他の方法があることを考慮することが重要です。それにもかかわらず、それらは交換を介するほど簡単で簡単ではないかもしれません.

BuyUCoin

Rippleを取得できるプラットフォームの1つは BuyUCoin. このシステムはデリーに拠点を置いており、暗号市場に参入するのに非常に役立ちます。ユーザーは、現地通貨であるインドルピー(INR)を使用してリップルを取得できます。.

同時に、これはあなたがそうしたい場合に備えてあなたがインドでリップルを売るのを助けるでしょう。 BuyUCoinの良いところは、ユーザーが他の暗号通貨を売買するのにも役立つことです。あなたがインドの暗号投資家である場合、これは非常に優れた機能的なプラットフォームになる可能性があります.

このプラットフォームを介して取引する場合は、何らかの形で高くなる可能性のあるスプレッドを考慮に入れてください。同時に、それは従来の暗号交換よりも高い料金がかかります。メーカーとテイカーの料金は0.42%と0.84%に等しく、インドでの運営は安くはありません。.

上記のことにもかかわらず、BuyUCoinはインドでリップルを購入する方法の良い解決策になる可能性があります.

Bitbns

インドでリップルを購入する方法を知りたい場合, Bitbns 良い解決策かもしれません。これは、ユーザーがリップルを含む暗号通貨を取引できるようにするP2Pネットワークです。 Bitbnsで取引を開始するには、アカウントを作成する必要があります.

プラットフォームでは、PANカードが必要になります。これはインドのユーザーに必須であり、他の多くのドキュメントです。実際、ユーザーは身元を確認するために投票者IDまたは別の文書を提示する必要があります。これはこれらすべての情報を提供するのに理想的ではありませんが、インド政府はそれを要求しています.

P2P市場は、2017年後半に運用を開始しました。当時、暗号市場は史上最高点に達していました。ユーザーは暗号通貨を簡単に購入、販売、保持できます。以前のプラットフォームと同様に、Bitbnsを使用すると、市場で他のデジタル資産を売買できます。これらの仮想通貨には、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)などがあります。.

最後に、ユーザーは、INRを使用して、このプラットフォームを介してデジタル資産の処理を開始できます。多くのプラットフォームは、暗号から暗号へのソリューションのみをサポートしています。これが、Bitbnsがインドでリップルを取得するための良い方法である可能性がある理由です.

Binance

Binanceは、世界最大の暗号通貨取引所の1つです。プラットフォームは、トレーダーにソリューションを提供するためにインド市場に参入しました。実際、これは、インドの規制当局が暗号に対して厳しい措置を講じていることを考えると、非常に歓迎されたイニシアチブでした。.

数か月前、Binanceは WazirX 両替。このプラットフォームは国内で運用されていましたが、運用を停止する必要がありました。これは、投資としてリップルを購入したい国のより多くのユーザーに影響を与えました.

Binanceを使用すると、ユーザーはINRを使用してRippleを簡単に購入できます。個人は、リップルまたは他の暗号通貨を購入するために使用できるUSDTを取得します。トレーダーがWazirXプラットフォームを使用して取引を実行することは言及する価値があります。 Binanceは、ユーザーが現地通貨を使用してUSDTを購入するために必要なインフラストラクチャを提供します.

P2Pオーダーブックでは、購入注文を行う必要があります。その後、それは買い手または売り手と一致します。これにより、INRとリップルのトランザクションを簡単に完了できます.

現在、トレーダーはBinanceアカウントとWazirXアカウント間で即座に資金を送金できます。さらに、Binanceアカウントを使用してWazirXにサインインします。さらに、Binanceユーザーは、BinanceでWazirXのP2P取引プラットフォームを使用してUSDTを売買することもできます。.

Binanceの主な利点の1つは、流動性が高いという事実に関連しています。さらに、他のデジタル資産を売買する可能性をユーザーに提供します。ご覧のとおり、Binanceは非常に困難な市場でソリューションを提供しています.

元帳ウォレットでリップルを保存する

元帳は、世界で最も認知されているハードウェアウォレットプロバイダーの1つです。そのおかげで、ユーザーは仮想通貨を安全に保管できるようになりました。これはインドでリップルを購入する方法とは関係ありませんが、ユーザーがデジタル資産を安全に保管するのに役立ちます.

暗号通貨交換は、仮想通貨を保持するための最良の方法ではありません。確かに、取引所に資金を保持することは非常に危険です。これは、常に攻撃者やハッカーの標的になっているために発生します。悪意のあるエンティティが取引所の資金にアクセスできる場合、ユーザーは確実に資本を失います.

元帳は、ユーザーに資金を安全に保管する可能性を提供します。これにより、攻撃されることを心配することなく、大量のリップルを保持することができます。 Ledgerが提供する最も人気のあるソリューションは、Ledger NanoSとLedgerNano Xです。これら2つのハードウェアウォレットは、市場で最も人気があります。.

それに加えて、元帳はより大規模な投資家や企業にさらに高度なソリューションを提供しています。 Ledger NanoXとLedgerNano Sはどちらも、小規模および大規模なトレーダーに役立ちます.

結論

リップルは成長を続けており、さまざまな市場で大きな投資機会を提供できることは注目に値します。このガイドが、デジタル資産をより適切に処理する方法を理解するのに役立つことを願っています。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me