ウィークリーニュースダイジェスト:Coinmarketcap買収、Binanceマイニングプール、OkCoin Japan、Huobi Lending

暗号ニュース

暗号の世界で過去1週間に発生した最新のイベントを知りたいが、すべてのニュースサイトを見るのが面倒ではない場合は、毎週のニュースの概要を以下に示します。

BinanceがCoinMarketcapを購入

Binanceが正式に 明らかに 最も使用されている暗号および交換データアグリゲーターの1つであるCoinMarketCapを買収したこと.

買収は約4億ドルの価値があると言われています。 BinanceのCEOであるChangpengZhao(CZ)は、この取引は3月31日に行われたと述べました。.

3月2日の取引所の投稿によると、「CoinMarketCapのコアDNAは、その完全性から自由、透明性、ユーザー重視の価値まで、Binanceの倫理と文化と強く一致しています。この買収により、業界のさらなる成長と透明性の浸透という共通のビジョンが強化されます。これにより、暗号のインフラストラクチャプロバイダーとして共同で機能し、互いの強みを強化できるようになります。」

Zhaoはまた、CoinMarketCapが進化し、暗号コミュニティにさらに有用な製品を提供するのを引き続き支援することを明らかにしました。とらえどころのないCoinMarketCapの創設者であるブランドンシェはCEOとしての地位を辞任し、現在のCSOであるCarylyneChanが暫定CEOに就任しました。.

BrandonChezは次のように述べています。

「CoinMarketCapを取得できる分野のすべてのチームの中で、Binanceは最高の選択肢の1つだと思います。彼らは、ユーザーを気遣い、最も困難な時期でも最善を尽くすことを何度も示してきたチームです。この精神は、CoinMarketCapでのユーザー中心の哲学にも反映され続けます。」

 「2013年の謙虚な始まり以来、私たちは、リストにあるプロジェクトや取引所の検閲や判断を避け、ユーザーがデータに基づいて独自の決定を下せるようにすることで、中立を維持するというコミットメントについて公表してきました。 Binanceチームが、私たちの方法論を偏見なく順守し続けることができることを明確に示してくれたことを嬉しく思います。」-CarylyneChanの声明でした。.

「多くの人にとって、CoinMarketCapは私たちの業界のランディングページであり、Binanceと同様に、ユーザーの信頼を中心にコミュニティを構築してきました。 CoinMarketCapに力を与えて、ユーザーとグローバルコミュニティのために革新的で有用な製品を構築し続けることを計画しています」とCZは述べています。.

買収に関するインサイダーの知識を持つ情報筋によると、この取引は主に株式とBinanceのネイティブトークンであるBNBの形で行われたとのことです。別の人は、取引は実際には3億ドルの価値があると述べました.

何人かのBinanceの従業員(TheBlockのインタビューで匿名のままでいることを選択した)は、取引所がCoinMarketCapのビジネスモデルを広告ベースのモデルからサブスクリプションモデルに完全に変更することを考えていると宣言しました。サイトで紹介されました.

CoinMarketCapは、「独立した事業体として運営を継続する」とツイートしています。 Binanceは、一方的にビジネスモデルを変更することはできません。」


Binanceがマイニングプールを立ち上げる

先週の火曜日、BinanceのCEOであるChangpengZhaoが独自のマイニングプールを立ち上げることが確認されました.

「同社はすでにこの目的のために何人かの専門家を雇っています。そのうちの何人かは元ビットメインの従業員です。発売は2020年第2四半期に予定されています」と投稿しました。 コインライフ 出版物.

はい、あります #BinanceMiningPool 近日公開. 👀

私たちのスイートへの新しい追加 #BinanceFinance 私たちが提供する製品:ステーキング、稼ぐ、貯蓄貸付.#useBNB https://t.co/hYa48hynX4

—CZバイナンス 🔶🔶🔶 (@cz_binance) 2020年4月1日

Sigmapoolマイニングプールの責任者であるJakhonKhabilovは、Binanceが潜在的なクライアントに「寛大な」紹介ボーナスをすでに提供しており、取引所が中国の複数の鉱夫に連絡して、次の新しいサービスを承認していることを明らかにしました.

Binanceは、2019年8月と9月にそれぞれマイニングプールを作成したOKexとHuobiの足跡をたどっています。.

Poolinの副社長であるAlejandrode la Torreは、取引所がビットコインマイニングに参入した理由は流動性であると述べています。鉱業は取引所に流動性を追加するための最も安価な方法であると副社長は述べた.

ロシアのBitriverマイニングファームのCEOであるIgorRunetsは、この動きを暗号交換の論理的なステップと見なしています。「これらのビジネスはどちらもソフトウェアベースであるため、追加の専門スキルは必要ありません。クライアントベースはほぼ重複します。多くのマイニングプールユーザーは取引所のクライアントでもあります。」

Okcoinが日本で新しい取引所を立ち上げました

OKCoinが日本に進出し、今すぐ事前申し込みを受け付けています...

出典:insidebitcoins

OKCoin 設立 東京の公式支店であり、暗号交換事業を開始するための登録プロセスを完了しました.

支店の親会社であるOKグループは、暗号関連法の支払いサービス法、行政ガイドライン、および日本の金融庁(FSA)と日本によって施行された自主規制規則に完全に準拠することを目指していると述べていますそれぞれ仮想外貨両替協会(JVCEA).

取引所はまた、「サービスを安全に使用するためのオペレーティングシステムとユーザーの資産と情報の分離管理」のライセンスを求める必要がありました。

OKCoinJapanのCEOであるJohnFengは、Bitcoinistに次のように語っています。

「東京での深刻なコロナウイルスの状況にもかかわらず、今日付与されたライセンスは、私たちにとっては後悔しました。これは、暗号業界に対する規制当局の取り組みだけでなく、OKCoinJapanに対する強力なサポートも示しています。これは今年発行された最初のライセンスであり、通常の申請プロセスを通じて取得したグローバル暗号交換所にとっては初めてのライセンスです。」

グループはまた、国内で暗号交換を開始するだけでなく、より多くの計画を立てていることを明らかにしました:

「仮想通貨取引所の運営に加えて、海外展開の主要な現地パートナーと協力して、ブロックチェーン技術の開発と商品化に取り組んでいます。ブロックチェーンの理想を持った最先端の技術を探求することで、技術革新と産業再編を実現し、産業の発展に積極的に貢献しています。」

新しいプラットフォームにアクセスするには、ユーザーは事前に登録する必要があります。 OKCoin Japanは、日本円と、BTC、ETH、ETC、LTC、BCHなどの多くの暗号をサポートします.

Huobiは現在暗号貸付を提供しています

HuobiWalletは貸付および借入サービスのサポートを追加します...

出典:ihold.com

暗号交換Huobiは、分散型暗号貸付プラットフォームCredと提携することにより、ユーザーが資産を保有することで関心を集めることができるようになりました.

交換 発表 4月1日、Credの貸付および借入サービスをHuobi Walletに統合しました。HuobiWalletは、現在1,000を超える暗号資産をサポートしています。.

サービスでサポートされている暗号資産の完全なリストはまだわかっていませんが、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびユニバーサルダラー(UPUSD)などの安定したコインが貸付機能に含まれることに注意してください.

Credは、認可された貸し手であり、Universal ProtocolAllianceと呼ばれる暗号通貨とブロックチェーン企業の連合の創設メンバーです。カリフォルニアの会社は、Binance Labs、Arrington XRP Capital、Blocktower、FBGCapitalなどのトップ企業に支えられています。.

CredCEOのDanSchattは、新しいパートナーシップへの熱意を表明し、同社はこれらの「金融不安の時代」にユーザーに分散型金融サービスを提供することを熱望していると述べました。

「HuobiWalletユーザーは、暗号資産を貸し出し、毎月の利息支払いを受け取ることができます。また、誓約された資産を追加期間ロールオーバーするオプションもあります。最小要件は必要なく、利息は安定したコインまたは暗号通貨で支払うことができます。デジタル資産が15万ドル以上のHuobiWalletユーザーは、Credのプライベートクライアントアソシエイツとの電話をスケジュールして、カスタムプログラムを開発することもできます。」-投稿を読む.

注目の画像:ico.li

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
Adblock
detector