Forex Signals US Session Brief、3月5日–政府がコロナウイルスに対する財政刺激策を強化する計画を立てているため、感情は再び否定的になる

イタリアでコロナウイルスが発生して以来、数週間はかなり否定的だったが、今週は感情がやや改善した。何も変わっていませんが、トレーダーは怖がるのにうんざりしていたと思います。私はこれをほとんどどこでもより広い人口の間で見ることができます、人々はここ数ヶ月コロナウイルスを恐れていました、そして彼らはただ怖がるのにうんざりしています、そしてもちろん人々でもあるトレーダーもそうです。昨日の結果として株式市場はより高く戻ったが、今日の懸念は再び市場を掌握している.

コモディティドルや株式市場などのリスク資産は今日再び弱気に転じ、金などの安全な避難所は上昇しています。コロナウイルスが蔓延し、困難な時期に世界経済に打撃を与え、すべての機関が今年の世界のGDPを低く修正しているため、当面は楽観的である理由はありません。日本とイタリアの政府は、中央銀行が金利を緩和し、QEも計画していることに加えて、刺激策の開始を計画しています。今日、OPECは石油生産を1日あたり150万バレル削減することに合意したと述べ、原油は約1ドル上昇しましたが、ロシアが計画に参加していないため、後退しました。.

ヨーロッパセッション

  • 2008年の危機よりも経済にとって危険なコロナウイルス –コロナウイルスの発生は、世界中の中央銀行家を怖がらせました。 RBAは最初に金利を25bps引き下げました。昨日、RBAのDebelleから聞いたところによると、別の利下げが行われ、彼らはQEプログラムの開始を検討しています。 FEDは 50の突然の利下げ サプライズミーティング中のbpsと市場は、今月後半のミーティング中に別のカットを期待しています。カナダ銀行 また、金利を50bps引き下げます 昨日、他の主要な中央銀行が同じことをする準備をしている間。少し前、日本の与党政策責任者は、ウイルス対応には「リーマンショック」時よりも大幅な利下げが必要だと述べた.
  • 経済に打撃を与えるウイルスは、「リーマンショック」時よりも悪化します
  • 当時見られたよりも大きな金利引き下げが必要
  • IMFから下方修正された世界的な成長 –IMFは次のように警告しています 世界経済の成長は2020年に減速する可能性があります コロナウイルスの蔓延の結果、昨年のレベルを下回りました。水曜日に、IMFは感染症に取り組むことを試みている加盟国のために最大500億ドルの緊急資金を発表しました、そのほとんどは新興経済国のために取っておかれました。IMFのマネージングディレクター、クリスタリナ・ゲオルギエバは、発生が世界のサプライチェーンを混乱させる可能性が高いと述べましたに大きな影響を与えます 適切なインフラが不足している発展途上経済 大規模な流行に対処するため。世界の経済成長は、コロナウイルスの発生をきっかけに、2008年から2009年の金融危機以降に見られた最も弱いペースに減速する可能性があります。 IMFの推定によると、2019年には、世界経済は2.9%で成長すると予想されていました。.
  • コロナウイルスが原因で英国がEU離脱を遅らせることはありません –市場は現在、コロナウイルスとそれが世界経済に及ぼしている/もたらすであろう影響に完全に焦点を合わせています。中国経済 収縮する可能性があります 週末に恐ろしい製造業と非製造業のデータを目撃し​​た後、数十年ぶりに。しかし、コロナウイルスの世界の外にはまだ生命があります。英国はまだEUから離脱しており、コロナウイルスは英国のEU離脱を遅らせることはないと彼らは言っています。ボリス・ジョンソンのスポークスパーソンはしばらく前にコメントしており、EUのブレグジット交渉担当者のバルニエもそれに続いた。以下は彼らのコメントです:

    英国首相スポークスマン、ジェームス・スラックコメント

    • コロナウイルスの発生によるBrexit移行期間の遅延なし
    • 英国は、ウイルスが経済に与える潜在的な影響を認識しています
    • ウイルスの影響にもかかわらず、Brexitがスケジュールどおりに継続することを確信している
    • 封じ込めフェーズから遅延フェーズに移行することが決定された場合は、公表します
    • EUの首席ブレグジット交渉担当者、ミシェル・バルニエのコメント

      • 移行期間の終了の難しさは過小評価されています
      • 英国は外交政策の取り決めを求めていないと述べた
      • 英国との間に多くの深刻な相違があります

      d量的緩和を考慮しなければならないこと

      • 1月のコアCPI + 1.1%
    • OPECは150万人削減することに同意するが、ロシアは削減しない – OPECは、昨年12月に1日あたり5万バレル削減した後、生産のさらなる削減を推進しています。彼らは60万バレル/日の削減を目指していましたが、その後目標を100万バレルに増やし、現在はさらに目標を150万バレルに増やしています。ロイターはしばらく前に、この問題に関するOPECの情報源を引用して、OPECの大臣が合意したと述べたと報告した。 1.5 milbpdの石油生産量削減. しかし、それはまだロシアを条件としています。これまで聞いてきたことから、ロシアは再び減産を望んでいないので、これほど大幅な減産を進めるとは思えません。一方、米国の石油生産は増加しており、現在、OPECの生産量の約半分を占めています。ロシアが反対しない限り、OPECからカットされた150万バレルを実際に購入していない原油を弱気に保つのに役立ちます.
    • 米国セッション

      • 米国第4四半期の最終的な非農場生産性 –昨年の第4四半期の米国の非農業部門雇用者数レポートは少し前に発表されました。これらの数字は市場に影響を与えることはありませんが、1年を見た場合、重要な質問は次のとおりです。FRBの利上げ率は元の状態に戻るのでしょうか。大きな要因はインフレがどこにあるかです.
      • 米国第4四半期の最終的な非農場生産性+ 1.2%vs + 1.3%予想
      • プレリムは+ 1.4%でした
      • 単位労働コスト+ 0.9%vs + 1.4%予想(暫定+ 1.4%)
    • EU委員会はGDPの低下とおそらく景気後退を予想している –米国の失業保険請求レポートは少し前に発表されました。先月のレポートによると、クレームは過去数か月の平均で約20万〜21万件から21万9千件に急増しました。.
      • 最初の失業中の請求は216K対215Kの見積もりです。前の週は219Kのままでした
      • 4週間の移動平均は213Kでしたが、先週は209.75Kでした
      • 継続的な主張は、1729K対1738Kの見積もりです。前週の1722Kと最初に報告された1724K
      • 4週間の移動平均1721.25K対先週の1728.75K
      • 2月22日に終了する週の最初の請求の最大の増加は、マサチューセッツ(+3,871)、イリノイ(+3,767)、ロードアイランド(+925)、インディアナ(+423)、およびアイオワ(+392)でした。,
      • 最大の減少は、カリフォルニア(-8,466)、ジョージア(-1,247)、ペンシルベニア(-952)、オレゴン(-770)、およびテキサス(-743)でした。.
      • コロナウイルス最新情報 
        国,

        その他合計

        CasesNew

        CasesTotal

        DeathsNew

        DeathsActive

      • CasesTotal

        回復した深刻,

        クリティカル 中国 80,430 +160 3,013 +32 25,158 52,259 5,952 韓国 6,088 +467 40 +5 5,913 135 52 イラン 3,513 +591 107 +15 2,667 739 イタリア 3,089 107 2,706 276 295 ダイヤモンドプリンセス 696 6 478 212 35 ドイツ 444 +182 428 16 2 フランス 377 +92 6 +2 359 12 15 日本 361 +30 6 312 43 29 スペイン 259 +31 3 +1 254 2 7 米国 163 +5 11 143 9 8 シンガポール 117 +5 36 81 7 スイス 114 +21 1 +1 110 3 香港 105 +2 2 66 37 6 イギリス 90 +3 82 8 オランダ 82 +44 82 1 ノルウェー 72 +13 72 スウェーデン 60 +8 59 1 クウェート 58 +2 58 バーレーン 55 +3 51 4 マレーシア 55 +5 33 22 オーストラリア 53 2 30 21 1 ベルギー 50 +27 49 1 1 タイ 47 +4 1 15 31 1 台湾 44 +2 1 31 12 オーストリア 41 +12 39 2 1 イラク 35 2 33 カナダ 35 +1 28 7 1 アイスランド 34 +8 34 ギリシャ 31 +22 31 インド 30 +1 27 3 アラブ首長国連邦 28 23 5 2 サンマリノ 21 +5 1 20 3 アルジェリア 17 17 レバノン 16 +1 16 1 オマーン 16 +1 14 2 ベトナム 16 0 16 デンマーク 15 15 イスラエル 15 13 2 チェコ 12 +4 12 フィンランド 12 +5 11 1 マカオ 10 1 9 クロアチア 10 10 エクアドル 10 10 1 ポルトガル 8 +2 8 カタール 8 8 アゼルバイジャン 6 +3 6 ベラルーシ 6 6 アイルランド 6 6 メキシコ 6 5 1 ルーマニア 6 5 1 パキスタン 5 5 サウジアラビア 5 +3 5 ブラジル 4 +1 4 ジョージア 4 +1 4 1 ロシア 4 +1 2 2 セネガル 4 4 パレスチナ 4 +4 4 フィリピン 3 1 0 2 エジプト 3 +1 2 1 エストニア 3 +1 3 ニュージーランド 3 3 チリ 3 3 インドネシア 2 2 モロッコ 2 +1 2 ボスニア・ヘルツェゴビナ 2 +2 2 ハンガリー 2 2 スロベニア 2 +1 2 アフガニスタン 1 1 アンドラ 1 1 アルメニア 1 1 カンボジア 1 0 1 ドミニカ共和国 1 1 ヨルダン 1 1 ラトビア 1 1 リトアニア 1 1 ルクセンブルク 1 1 北マケドニア 1 1 モナコ 1 1 ネパール 1 0 1 ナイジェリア 1 1 スリランカ 1 0 1 チュニジア 1 1 ウクライナ 1 1 アルゼンチン 1 1 リヒテンシュタイン 1 1 ポーランド 1 1 南アフリカ 1 +1 1 合計: 96,947 1,779 3,310 56 39,656 53,981 6,422

        視力の取引

        弱気 米ドル/円

        • 主なトレンドは弱気になっています
        • H4チャートでより高いリトレースが完了しました
        • 20SMAは抵抗を提供しました
        • 感情は否定的なままです

        20SMAはUSD / JPYの上昇を止めています

        コロナウイルスが中国国外に広がり、イタリアで暴走したため、2月の最終週にUSD / JPYは弱気に転じました。センチメントはネガティブになり、JPYなどの安全な避難所が上昇し、それ以降、USD / JPYは約550ピップス下落しました。昨日、特別な理由もなく、感情が少し改善したため、このペアの引き戻しが見られました。しかし、プルバックはH4タイムフレームチャートの20 SMA(灰色)で終了しました。これは、より小さな移動平均が現在抵抗として機能しているため、売り圧力が強いことを示しています.


        最近の多くの主要な中央銀行は別として、パニックに陥り、金利を引き下げています。日本やイタリアなどの政府も刺激策の追加を検討しており、世界経済が不況に陥る恐れが高まっています。したがって、USD / JPYはかなり弱気であり、コロナウイルスがとどまる限り、それはそのままです。.

        結論として

        株式市場は昨日再び強気のギャップで開いたが、ヨーロッパのセッションが進むにつれて、今日も再び弱気になっている。コロナウイルスが世界中に広がるにつれて、この減少は今後さらに続くと思います。 CADは50bpsのレートカットも提供したばかりなので、さらにカットするレートは現在ではありません.

        Mike Owergreen Administrator
        Sorry! The Author has not filled his profile.
        follow me
        Like this post? Please share to your friends:
        Adblock
        detector
        map