Forex Signals US Session Brief、2月13日–コロナウイルスを取り巻く不確実性の中で、市場は今日横ばいで取引されています

今週はリスクセンチメントが改善したか、少なくともトレーダーは コロナビルの発生我ら, 世界的な大流行にはなりません。中国が次のように報告した後、今朝早くに少し混乱がありました 巨大なジャンプ 報告されたケースでは、湖北省のケースでの再分類が原因でした。ウイルスに感染した人の症例数は6万人を超え、今日では1万5千人以上が新たに発生し、死亡者数は200人以上増加し、これまでのところ合計で約1.200人になっています。しかし、状況は落ち着き、リックの感情は再びポジティブになりましたが、ほんのわずかでした.

その結果、コモディティドルや原油などのリスク資産はますます高くなっています。石油について言えば、OPECは、生産量をさらに60万バレル/日削減するというロシアの対応を待っています。 WTI 原油はさらに高く、おそらく再び60ドルに急上昇します。しかし、ロシア当局が本日述べたように、ロシアは決心していないため、石油トレーダーはOPEC +が再びまたは今生産を削減するかどうかを見極めるのを待っています。ザ・ 米国のインフレレポート 少し前にリリースされましたが、米国のセッションが始まる前にバランスの取れたセッションだったので、市場への影響はあまりありませんでした.

ヨーロッパセッション

  • ロシアが新しい石油割当を配置する可能性を評価 –前述のように、コロナウイルスの発生により、特に中国からのエネルギーと原油の需要が減少しました。その結果、原油は1月上旬から弱気でしたが、OPECは再び60万バレル/日を削減しようとしています。しかし、ロシアは今朝繰り返したため、まだ決定していないため、OPECと石油トレーダーはロシアが今決定を下すのを待っています.
  • 日本は経済でお金を使い、ウイルスの影響と戦う –今日の最初の死について聞いたように、日本のコロナウイルスの症例も増加しています。経済にも悪影響が及ぶ可能性が高いため、日本の当局者は対策を講じています。安倍晋三首相は本日、以下のようにコメントしました。
  • ウイルスの発生に対応するため、総額153億円の対策を講じる
  • 内閣は明日、予算準備金103億円の使用を決定する
  • ウイルスの発生を再び撃退するために必要な措置を講じると述べています
  • ECBの経済成長予測 –ECBは冬をリリースしました 2020年の経済予測. 若干の上下の改訂がありますが、全体的にはあまり変わっていないようです。確かに、ユーロ圏では1か月以内に大きな変化はありませんが、コロナウイルスの発生はこの1か月ほどの間に感情に大きな影響を与えました。以下は改訂です:
    • 欧州委員会は、2020年、2021年のユーロ圏の成長予測を1.2%に維持します
    • 2020年、2021年のドイツのGDP予測を1.1%に引き上げる(以前は1.0%)
    • フランスの2020年のGDP予測を1.1%(以前は1.3%)に削減し、2021年の予測を1.2%に維持
    • 製造業の安定化の暫定的な兆候が見られる
    • 世界貿易フローの減少の兆候は底を打っている
    • コロナウイルスは成長見通しに対する重要な下振れリスクです
    • ベースラインシナリオでは、ウイルスは第1四半期にピークに達し、グローバルな波及効果は限られています。
    • ユーロ圏の経済は、外部リスクを乗り越えるのに適した経済です
    • コロナウイルスの最新情報、感染した症例と死亡 – NHCは、怖い国の数字を報告しています。
      • 1月17日:41
      • 1月19日:62
      • 1月20日:201
      • 1月21日:291
      • 1月22日:440
      • 1月24日:830
      • 1月25日:1,287
      • 1月26日:1,975
      • 1月27日:2,744
      • 1月28日:5,974
      • 1月29日:7,711
      • 1月30日:9,692
      • 1月31日:11,791
      • 2月1日:14,380人(死亡者数304)
      • 2月2日:17,205(死亡者数361)
      • 2月3日:20,438(死亡者数425)
      • 2月4日:24,324(死亡者数490)
      • 2月5日:28,018(死亡者数563)
      • 2月6日:31,161(死亡者数636)
      • 2月7日:34,564(死亡者数722)
      • 2月8日:37,198(死亡者数811)
      • 2月9日:40,171人(死亡者数908人)
      • 2月10日:42,638人(死亡者数1,016人)
      • 2月11日:44,653人(死亡者数1,113人)
      • 2月12日:59,805人(死亡者数1,367人)
      • 米国セッション

        • 米国のCPIインフレレポート– 1月の米国インフレレポートは少し前に発表されました。いくつかのミスといくつかの正の数があったので、全体的にバランスの取れたレポートでした.
        • 米国の1月の消費者物価指数+ 2.5%vs + 2.4%前年比予想
        • 以前は+ 2.3%でした
        • 元の食料とエネルギー+ 2.3%vs + 2.5%予想
        • 以前の元の食物とエネルギー+ 2.3%
        • CPI m / m + 0.1%vs + 0.2%予想
        • 元の食料とエネルギーm / m + 0.2%vs + 0.2%予想
      • 米国の失業レポート 米国の失業レポートも少し前に発表されましたが、これは米国からのもう1つの前向きなレポートでした。.
        • 最初の失業は先週の203Kに対して205Kを主張します。見積もりは210Kでした.
        • 4週間の移動平均212Kは先週から変わっていません
        • 先週のクレーム1698K対1759Kの継続
        • 4週間の移動平均1726K対先週の1744.25K
        • 2月1日に終了する週の最初の請求の最大の増加は、ペンシルベニア(+2,534)、ニューヨーク(+1,523)、テキサス(+748)、オレゴン(+396)、およびアリゾナ(+332)でした。
        • 最大の減少は、カリフォルニア(-2,138)、ワシントン(-1,453)、ニュージャージー(-1,021)、ミシガン(-809)、およびオハイオ(-757)でした。.
        • ムニューシンが経済とコロナウイルスについて語る– 水曜日に、米国財務長官のスティーブンムニューシンは、米国経済の健全性と、最近のコロナウイルスの発生が一時的な悪影響しか及ぼさない可能性について市場を安心させようとしました。ムニューシン氏は上院財政委員会で証言している間、この発生は米国の経済成長に長期的な悪影響を与えることはなく、今年中にリスクが薄れると予想していると述べた。ムニューシンは、コロナウイルスの発生の潜在的なフォールアウトに耐える米国経済の強さについて明るいように聞こえたが、彼の部門が状況を注意深く監視していることを確認した。彼はまた、その影響の程度についてのより良い評価は、次の3〜4週間でのみ明らかになる可能性があることを明らかにしました.
        • 視力の取引

          強気 USD / CAD

          • 主なトレンドは1月初旬以来まだ強気です
          • コロナウイルスの症例が増加しています
          • 100SMAがサポートを提供
          • H4チャートでリトレースダウンが完了しました

          100SMAがサポートになりました

          USD / CADは今年の初めから強気で、原油は弱気に転じ、16ドル以上を失い、CADを引き下げたため、それ以降は上昇傾向にあります。しかし、OPECは今回も60万バレルの減産を検討しているため、ここ数日で原油は再び上昇し、CADは石油から引き上げられ、今週のセンチメントの改善からも引き上げられました。 、コロナウイルスの症例が指数関数的に増加しているにもかかわらず。その結果、USD / CADは今週下落し、20 SMA(灰色)と50 SMA(黄色)を下回りました。.

          しかし、下落はH4チャートの1200 SMA(緑)で止まりました。昨日、100 SMAが近づくにつれて価格は上昇しましたが、50SMAは抵抗に変わりました。今日、売り手はこの移動平均で再び動きましたが、サポートとして再び持ちこたえ、USD / CADは再びそれから跳ね返りました。これで、この時間枠でプルバックが完了したので、このペアが強気のトレンドを再開するのを見るはずです。しかし、原油の価格行動は米ドル/カナダドルにも影響を及ぼします.

          結論として

          米国のインフレレポートはバランスが取れており、インフレは2.5%で安定しており、コアCPIは2.3%のままです。したがって、米国のインフレは安定しており、冷え込んだり、どこにも逃げたりすることはありません。コロナウイルスの感情は依然として市場を動かしているため、データがなくなるまで、データはあまり影響を与えません。.

          Mike Owergreen Administrator
          Sorry! The Author has not filled his profile.
          follow me
          Adblock
          detector