米国セッション外国為替ブリーフ、6月18日–ユーロは、利下げに関するドラギのコメントに転落

今年の第1四半期の短期間の改善の後、世界経済が再び下振れしたため、世界のほとんどの先進国/主要国の経済データはここ数か月で弱くなっています。今日、オーストラリアの住宅価格は第1四半期に3.0%下落しました。これは5四半期連続の下落です。昨夜、金融政策の議事録も発表されましたが、私は確認しませんでしたが、RBAがその会議で金利を引き下げたため、ハト派だったと思います。. AUD / USD 今朝は低かった。これはRBAからのハト派のバイアスを裏付けている。.

しかし、今日の驚きはマリオドラギと欧州中央銀行から来ました。ドラギは、ユーロ圏が現在直面している景気低迷を受け入れ、インフレについて心配しているように聞こえました。先月のコアCPI(消費者物価指数)が1.0%を下回ったことと、インフレ期待の低下傾向の後、それほど驚くことではありませんでした。 。彼は、経済が改善しない場合は追加の刺激策が必要であると述べ、それは改善しないようであり、ECBが持つ主要なツールの1つとして利下げについて言及しました。ユーロはこれらのコメントの後に急降下し、ECBに賛成すると思いますが、ドナルド・トランプはECBを非難してこれらのコメントに応えました。とはいえ、ツイートは水曜日に開催されるFEDを狙ったものだと思います.

ヨーロッパセッション

  • ユーロ圏ZEW経済センチメント –昨年の経済情勢は悪化傾向にあり、11月には-22ポイントで底を打ちましたが、それ以降は改善し始め、4月には再び好転しました。しかし、先月の感情が再びネガティブになり、-1.6ポイントに下がったため、それは長くは続きませんでした。今月は悪化して-3.6ポイントまで下落すると予想されていたが、先に発表されたドイツのZEW経済情勢が-21.1ポイントまで大幅に下落した後、市場はユーロ圏の数がさらに大幅に下落する準備ができていた。それが起こったのですが、ユーロ圏のZEWの経済情勢は-20.2ポイントに下がったので、マリオドラギは心配するのは当然でした。.
  • ユーロ圏の最終CPIインフレ –ユーロ圏でも、世界の他の地域と同様にインフレ率が低下傾向にありますが、4月には急上昇しましたが、その月のイースターウィークエンドの影響が大きかったため、実際にはそうではありませんでした。 5月にはインフレが再び弱まり、ヘッドラインCPI(消費者物価指数)は1.7%から1.2%に低下し、コアCPIは4月の1.3%から0.8%に低下しました。最終的な読みは今朝発表されました、そしてそれは予備的な読みから変化を示さなかったので、インフレは確かにヨーロッパで下がっています.
  • ドラギの言及は利下げを取り戻す– シントラでのドラギの演説は今朝発表され、中央銀行のツールキットにはさらなる利下げが含まれているという見出しのコメントが付けられました。 QEにはまだかなりの余裕があり、QEの制限はECBが直面する不測の事態に固有のものです。見通しが改善しない場合は、追加の刺激策が必要です。マイナス率は非常に重要なツールであることが証明されており、今後の四半期の指標は長引く柔らかさを示しています。 ECBは、インフレの調整経路の変動を考慮してバイアスと条件を調整することにより、フォワードガイダンスを強化することができます。今後数週間で、価格安定性に対するリスクの深刻さに応じて、当社の商品をどのように適応させることができるかを検討します。.
  • IfoがドイツのGDP成長率を削減– Ifoは、ドイツの2020年のGDP成長予測を、以前の1.8%から1.7%に再び引き下げました。 2019年のGDP予測は、0.6%とかなり低いものの、変わらないままでした。彼らはまた、労働市場、国内経済に波及する産業部門の弱さ、ドイツにとってこれからの厳しい時代についても言及した.

米国セッション

  • トランプはECBでジャブを取るが、FEDを目指す –米国のドナルド・トランプ大統領は、今朝のドラギのコメントの後、[] EUR / USD]]がはるかに低いのを見て、起き上がるとすぐにツイートしました。これがツイートです。マリオ・ドラギは、さらに刺激が来る可能性があると発表しました。これにより、すぐにユーロがドルに対して下落し、米国との競争が不当に容易になりました。彼らは、中国や他の人々とともに、これを何年もの間回避してきました。」そしてその直後の別のツイート: トランプ
  • イランが核協定を支持しない場合、メルケルはイランを脅かす –ドイツのメルケル首相は本日、イランについてコメントし、イランが核協定を支持しなければ結果が生じると述べた。私たちは状況を平和的に解決するためにできる限りのことをしなければなりません。米国はこの地域での軍事的プレゼンスを高めているため、ここでも事態はエスカレートしています.
  • カナダの製造販売– カナダの過去5か月のうち3か月で製造業の売上高はマイナスでしたが、先月発表されたレポートでは3月に2.1%の大幅な上昇が見られ、本日は2.6%に上方修正されました。本日のレポートでは、4月にさらに0.6%の増加が見込まれていましたが、売上高は予想を下回り、代わりに0.6%減少しました。その月の新規注文も、以前の+ 2.5%に対して-1.4%でマイナスになり、+ 1.5%からより高く修正されました。.
  • トランプが再びツイート、今回は中国について– 会議がまったく行われないのではないかという心配がありました。貿易交渉が取引に向かう途中で再開することが期待されています。しかし、トランプはこの問題についてかなり前向きなツイートを投稿したので、ここにそれがあります:
  • トランプのつぶやき

弱気 EUR / USD

  1. トレンドは再び弱気になりました
  2. ファンダメンタルズはハト派です
  3. ECBは今日さらにハト派になりました
  4. MAは価格を押し下げています

50と20のSMAが価格を押し下げています

EUR / USDは、米国からのここ数ヶ月の軟調な経済データで米ドルが弱気に転じたため、過去2週間はかなり強気でした。しかし、このペアではより大きな弱気トレンドが再び再開し、今朝ドイツとユーロ圏で見られたZEWの経済情勢の大幅な下落など、ユーロのファンダメンタルズは悪化し続けています。 ECBも今日さらにハト派になり、今年は利下げが行われ、このペアは約60ピップを失ったことを意味します。移動平均が急速に近づいているので、それは売る良い機会である小さなリトレースをより高く上げています.

結論として

ドナルド・トランプは本日早朝にスタートし、ECBでハト派を回したことで打撃を受け、ユーロを下落させ、ヨーロッパの株式市場を上昇させました。トランプ氏は、FEDが利上げサイクルにあることを嫌っています。そのため、今日のツイートは、ECBよりも明日会合するFEDを対象としています。ですから、FEDも一種のハト派に聞こえると思いますが、7月の利下げについてはよくわかりません。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
Adblock
detector