Crypto Weekly:Libra Associationが憲章に署名し、KuCoinが毎月のビットコイン先物などを発表

広告 Phemex

主なハイライト 

  1. Libra Associationが憲章に署名し、理事会を発表
  2. Stablecoinsは利益よりも多くの問題を提起–G7タスクフォースレポート
  3. マイアミ国際空港が最初のビットコインATMを歓迎
  4. Kucoinがデリバティブ取引所KuMEXで毎月のビットコイン先物契約の開始を発表
  5. マーシャル諸島が独自のデジタル通貨を構築する 
  6. Media LabがKikを買収し、Kikのネイティブトークンで長期的に見ている 

てんびん座には21人の創設メンバーがいます 

Facebookは、ジュネーブでの会合で、21人の創設メンバーを発表しました。協会はさらに理事会を発表しました。トップペイメント企業の撤退後、Facebookはついに創設メンバーのチームを発表しました。メンバーには、Uber、Lyft、Spotifyなどがあります。チームはジュネーブで集まり、てんびん座を統治するてんびん座協会の憲章に署名しました。また、取締役会は、FacebookのプロジェクトリーダーであるDavid Marcusと、Andreessen Horowitz、PayU、Kiva Microファンド、XapoHoldingsの代表者で構成されます。.

G7レポートはStablecoinsのデメリットをリストアップしています

G7タスクフォースはついにその報告書を発表しました。後者は、一般的な国境を越えた支払いシステムの欠点を浮き彫りにします。ただし、stablecoinが運用上の課題のために同じ問題を解決できるかどうかについては、まだ警戒が必要です。報告書は、世界的な安定コインの採用は不確実であり、同じことが金融の安定と国際通貨システムに挑戦すると主張している。また、その規模に関係なく、州全体でのマネーロンダリング防止の取り組みにリスクをもたらし、税務コンプライアンスと消費者データ保護を妨げます。.

さらに、タスクフォースは、G7諸国は、最初に課題とリスクを確認せずに、安定したコインの発売を許可しないと主張しています。レポートは最初に暗号通貨を軽蔑し、魅力的な支払い手段や価値の保存を提供できなかったと述べました。タスクフォースは安定したコインを支払いまたは価値の保存の手段と見なしていましたが、前者は短所が長所を上回っていると考えています。報告書によると、同じものの発売は世界の金融の安定と金融システムへの脅威になるだろうと.

今マイアミ国際空港でビットコイン取引を行う 

マイアミ国際空港(MIA)は今週、最初のビットコイン現金自動預け払い機(ATM)を歓迎しました。この発表は、マイアミを拠点とするビットコインテクノロジーソフトウェア会社であるビットストップによって行われました。マイアミ国際空港にビットコインATMを設置すると、旅行者がビットコインに現金を簡単に交換できるようになります。空港のゲート16の隣の中央ホールGにビットコインATMが設置されています。コインATMレーダーの統計によると、米国は現在、5大陸の75か国にある合計5,756のビットコインATMを3700以上収容しています。.

KuCoinがビットコインの月次先物契約を発表

人気のある暗号通貨取引所の先物プラットフォームであるKuMEXであるKucoinは、ビットコインの月次契約の運用を数週間以内に開始する意向を発表しました。公式Twitterアカウントに掲載された最新情報によると、先物プラットフォームは、創設者のMichael Ganがモスクワで開催されたブロックチェーンライフ2019イベントで講演し、KuMEXがまもなく毎月のビットコイン契約を開始するという情報を発表したことを明らかにしました。このニュースは、取引所が取引所センターを改訂したというクコインの公式発表に続いて発表されました。発表によると、この改訂により、市場、プラットフォームディスプレイ、注文や注文書などの取引機能などの基本的なラインに沿ってプラットフォームに大きな変更が加えられました。.

マーシャル島が独自のデジタル通貨を展開する 

マーシャル諸島は、従来の支払いチャネルから離れて自律性を獲得するために、独自のデジタル通貨に取り組んでいると報告されています。イニシアチブに参加する最新のものはウェールズです。後者は、独自のデジタル通貨を持つことが非常に役立ち、地元企業に大きな利益をもたらすと信じています。さらに、デジタル通貨は、特に差し迫ったブレグジットを考慮して、より分離されたアイデンティティを提供する可能性があります.

Media LabがKikを買収し、Kinトークンの開発を継続 

サンタモニカを拠点とする持ち株会社であるMediaLabは、KikInteractiveとKikメッセージングプラットフォームを買収する契約を締結しました。さらに、前者は、トークンプロジェクトに長期的な可能性があると考えており、Kikの創設者兼CEOであるTedLivingstonとKinの作業を継続すると述べています。 MediaLabsはまた、スパムボットや不要なメッセージを根絶する計画を強調しました。これにより、アプリがより高速で信頼性が高くなり、バグの数が減ります。.

DeFiの更新をリアルタイムで追跡するには、DeFiニュースフィードを確認してください ここに.

PrimeXBT

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
Adblock
detector